百貨店フード、ヘンプシードの正体は麻の実

上級フードとして話題になっているヘンプシード。聴き慣れない冠ですが、こういう正体は本当は麻の実だ。
麻といえば大麻などを想像するかもしれませんが、幻覚作用があるとして規制されているのは葉や穂の近辺だ。麻の実の部分であるヘンプシードは、非常に栄養分価のおっきい上級フードとして評価されています。
ヘンプシードにはともかく、良質なタンパク質が多く含まれています。タンパク質が修得されてできるのがアミノ酸という物体で、麻の実に居残る20種別のアミノ酸の中には、ヒトが自分のカラダで生み出すことのできない9種別の必須アミノ酸も含まれています。
また、必須脂肪酸ですオメガ6やオメガ3も含まれています。脂肪といえば肥える、というイメージがあるかもしれませんが、必須脂肪酸は人間の細胞を仕掛けるのに所要栄養分だ。ヘンプシードにはこういう必須脂肪酸が非常にいい分散で含まれているのです。
こういう質の良い脂肪取り分を生かす結果、ヘンプシードオイルとして利用されることもあります。
また、ナッツや大豆にアレルギーがある場合でも、麻の実なら安泰についてがあります。
また、上級フードと呼ばれている通り、鉄分や亜鉛、マグネシウムなどの女性に不足しがちなミネラルも豊富に含まれています。